ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 課題図書 なぜ、めい王星は惑星じゃないの? 

<<   作成日時 : 2008/06/16 21:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

なぜ、めい王星は惑星じゃないの?
布施哲治 評価☆☆☆ くもん出版

2008年の読書感想文の課題図書の1冊。
「なぜ、めい王星は惑星じゃないの?」
と優しそうに語りかけていますが、
(冥王星の冥がひらがな、というぐらいですけど)
実は、惑星の定義について、
きっちりと紹介している本でした。
でも、本当にこの内容が
小学校高学年の本なんですか?

人気blogランキング  ご協力お願いします!
★冥王星は太陽系につながった
なぜ、めい王星は惑星じゃないの?―科学の進歩は宇宙の当たり前をかえていくネタバレしない程度にあらすじを紹介すると、
2006年に突然決まったように見えた、
めい王星が惑星でなくなる決定がされました。
宇宙や太陽系の説明から、
人類の宇宙研究の簡単な歴史、
そして、天王星、海王星、冥王星の発見と続いて、
太陽系外の天体の話に続きました。
太陽系と宇宙の境目にあるのが実はめい王星であり、
惑星の定義、そして
めい王星が含まれることになった準惑星の定義と
じっくり説明してくれます。
この本を読めば、惑星、というのがとってもよく分かります。
実は発見当初からめい王星は発見当初から課題が山積みでした。
まず、軌道が楕円形で、
しかもほかの惑星よりも大きく傾いていたのです。
形もいびつだったし、何よりも大変だったのは、
めい王星より大きな物体が見つかってしまったんです。

★惑星の定義は
なぜこんなことになるのか、というと、
太陽系はちりが固まってできていった、と考えられていて、
ちりの塊は太陽系の外にもあるから。
で、決めたのが惑星の定義。
1)太陽のまわりを回っている
2)質量がじゅうぶん大きいため
  自身の万有引力で強くまとまり、ほぼ球形
3)その軌道の周辺から、ほかの天体をなくしている

の3つを満たすのは水星から海王星まで8つの星しか
ないんですね。
惑星の定義はじつははっきりしていなかったのも不思議ですが、
こういうことを小学生高学年で!!!
という驚きに戻ってしまいます。
展開がしっかりしているので、
感想文は書きやすい本のはずと思うんですが、
レベルが高い本でした。
小学生の皆さん、感想文頑張ってね。

なぜ、めい王星は惑星じゃないの?』のブログを
読んでいただきありがとうございました! 
読み終わったら、ポチッとクリックを!
ブログランキングへ←←ブログ継続の励みになります!!
にほんブログ村 本ブログへ←←こちらもはげみになります!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
えぇ めい王星って惑星じゃなかったの?
初めてしちゃいました。
これは、みんなに、伝えないと、だめだね!
遠藤 愛
2009/02/24 21:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
課題図書 なぜ、めい王星は惑星じゃないの?  ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる