ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 兵士ピースフル

<<   作成日時 : 2008/07/29 22:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

兵士ピースフル
マイケル・モーパーゴ 評価☆☆☆ 評論社

2008年の高校生の課題図書。
海外作家の課題図書は戦争の話が多いなあ、
と思いつつ、モーバーゴという
英国で評価の高い児童文学者の作品だけに、
伏線がきめ細やかでして、
第一次世界大戦の悲劇を紹介しています。

人気blogランキング  ご協力お願いします!
★3兄弟の運命は
兵士ピースフルネタバレしない程度にあらすじを紹介すると、
第一次世界大戦の混迷が続く1916年6月の夜、
明日の朝に迫ったチャーリーの死に向けて、
三男のトモの回想でつづられています。
貧しい英国の家庭で育った三兄弟は
幼くして事故で父をなくし、
地元の名士、大佐に頼る暮らしを続けています。
障害を持つジョー、頼りがいのあるチャーリー、
そして兄を慕うトモ。
貧しさゆえの苦難に出会いつつ、
チャーリーとトモは第一次世界大戦に
出兵することになります。
塹壕の中での不毛な戦いが続く中、
チャーリーに悲劇が訪れる…という内容です。
主人公ピースフルの名前は、
著者自身が訪れた第一次世界大戦の博物館で見つけた
史実に基づいた名前だとか。
戦争の惨禍はいろいろかかれて来ましたが、
逃亡兵への軍事裁判の異常さが
こういう皮肉なタイトルに効きました。

★反戦小説の流れ?
とはいうものの、ヨーロッパでは正統な流れでしょうか。
表紙の二匹の蝶は第一次世界大戦を描いた名作、
「西部戦線異状なし」を意識したものでしょうし、
ラストに「ソンム」という激戦地を
さりげなく記すテクニックは
「蠅の王」のラストを彷彿とさせました。
英国の人ならもっと分かる伏線があるんでしょうね。

兵士ピースフル』のブログを
読んでいただきありがとうございました! 
読み終わったら、ポチッとクリックを!
ブログランキングへ←←ブログ継続の励みになります!!
にほんブログ村 本ブログへ←←こちらもはげみになります!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
兵士ピースフル
書評リンク - 兵士ピースフル ...続きを見る
書評リンク
2008/08/11 12:33
「兵士ピースフル」
「兵士ピースフル」は、イギリスの児童文学作家マイケル・モーパーゴの作品。 第一次世界大戦の時代を舞台に、田舎の村での平凡な日常とそこ... ...続きを見る
心に残る本
2008/08/27 21:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
兵士ピースフル ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる