ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ 

アクセスカウンタ

zoom RSS あとかた 2013年後半の直木賞候補です

<<   作成日時 : 2014/01/05 09:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

あとかた
評価☆☆☆ 千早茜 新潮社

2013年下半期の直木賞候補作です。
千早さんは初めて読みました。
六つの短篇が少しずつ重なりながら、
つながっていくという
最近、よくある構成です。
「ほむら」「てがた」「ゆびわ」など
全部、ひらがた3文字という
ちょっと凝った見出しです。

★定まらない恋
ネタバレしない程度に
「あとかた」のあら筋を紹介すると、
最初の短篇「ほむら」は、
婚約をしてながら、名前も聞いていない
中年男性と関係するが、
遊びの関係にも変わらない思い出となった
……という展開です。
この男性が軸になって、
残りの5編がつながっていきますが、
どれも不安定な恋愛がテーマです。
安定しない分、しっかりと記憶に残る何か、
を探している作品です。

★虚構の力
不倫とか、傷つけあう愛とか、
ちょっと苦手な分野のお話なんですが、
この暗い感じこそ、はまる人ははまりそう。
「本当か嘘かわからない虚構だからこそ、
 人は惑わされて心に深く痕を残すのですから」
という、登場人物の言葉は
不安定な恋の虚構とともに、
小説という虚構のものにも関わっているように思います。

あとかた』のブログを
読んでいただきありがとうございました! 
読み終わったら、ポチッとクリックを!
ブログランキングへ←←ブログ継続の励みになります!!

 にほんブログ村 本ブログへ←←こちらもはげみになります!!

あとかた
新潮社
千早 茜
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by あとかた の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
番外・直木賞の候補作 2013年下半期 150回
2013年後半、第150回の直木賞候補が発表されました。 今回の候補作は 朝井まかてさん  「恋歌」(講談社) 伊東潤さん    「王になろうとした男」(文藝春秋) 千早茜さん    「あとかた」(新潮社) 姫野カオルコさん 「昭和の犬」(幻冬舎) 万城目学さん   「とっぴんぱらりの風太郎」(文藝春秋) 柚木麻子さん   「伊藤くんA to E」(幻冬舎) の6作品ですね。 柚木さん以外5作品は読んでいました。 最近、連続してノミネートされている伊東さんと... ...続きを見る
ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあら...
2014/01/26 07:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あとかた 2013年後半の直木賞候補です ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる