伝わる・揺さぶる! 文章を書く  読む気にさせるには

『伝わる・揺さぶる! 文章を書く』
 感想☆☆☆☆ 山田ズーニー PHP新書
 ほぼ日刊イトイ新聞で「おとなの小論文教室。」を連載する
 山田ズーニーさんの論文の書き方の本。
 以前、紹介した「おとなの小論文教室。」
 意外に内容が抽象的だったのに対して、
 (理解という名の愛がほしい・・おとなの小論文教室。IIも気になりますが)
 この本はかなり具体的な話、技術に終始しています。
 最初の本だけに、その後、いろいろ拡大していったテーマが
 びっしり並んでいる感じです。
 
 人気blogランキング  ご協力お願いします!
 ★文章の要件別に
 伝わる・揺さぶる! 文章を書く文章には7つの要件がある、とまず説明し、
 意見、望む結果、論点、読み手、自分の立場、論拠、根本思想
 とそれぞれ分けて説明しています。
 中でも、大きな3要素、論点、論拠、意見の説明が丁寧です。
 なぜならば、文章を作る時には、長い文、短い文と
 いろいろな量があるから。
 長さにあわせて、文章を調整する時に、何を残すか、
 ということを意識して文章を構成します。
 一番大切なのは、当然、意見。
 最も短い時は、この意見だけでつくるんです。

 ★さらに上級者には
 もう1つ丁寧なのが、
 ある文章が必要な状況別の項目がある点。
 実践編という形で
 「上司を説得する文章」「お願いの文章」「議事録」
 「志望理由」「お詫び」「メール」を想定しています。
 (ここにブログの書き方もあるといいんですが。)

 ★読む気を引き出すには
 一番参考になったのは、
 「相手の動機をつくるところからコミュニケーションを始めればいい
 という指摘でした。
 読む気にさせる、というところから書くことは始まるんですね。
 「効能を示す
 「相手にとって切実・身近な話題とリンクさせる
 など指摘もけっこう具体的です。
 
伝わる・揺さぶる! 文章を書く』のブログを
読んでいただきありがとうございました! 
読み終わったら、ポチッとクリックを!
画像←←ブログ継続の励みになります!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年04月30日 17:40
こんにちは。

このほん、わたしも読みました。

なんとなく持っていた、文章作成の枠組みを明快にしてくれて、はっと、した覚えがあります。

ランキング投票しときますね。

この記事へのトラックバック

  • 伝わる・揺さぶる!文章を書く

    Excerpt:  「伝わる・揺さぶる!文章を書く」(山田ズーニー/PHP新書)読了。  著者はほぼ日で「おとなの小論文教室。」を連載されているので、ご存知の方も多いでありましょう。 書くことは考えることだ。だから、.. Weblog: a picture diary racked: 2006-04-18 21:42
  • 『伝わる・揺さぶる!文章を書く』山田ズーニー(PHP研究所)

    Excerpt: 文章をうまくなりたい!自分の思いを伝えたい!相手の気持ちを動かす文章を書きたい!そんな人にお勧めの1冊をご紹介します。 Weblog: 本のある生活 racked: 2006-09-19 09:01