ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ 

アクセスカウンタ

zoom RSS えんぴつで奥の細道 シリーズ化する気します

<<   作成日時 : 2006/05/21 16:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

えんぴつで奥の細道
 感想☆☆☆ (松尾芭蕉)大迫 閑歩、伊藤 洋 ポプラ社
 アマゾンで見つけた「えんぴつで奥の細道」
 という変な題名の本で、テレビ番組でも紹介されたよう。
 「エンピツ」+「奥の細道」が売れる、
 という不思議な感じでしたが、
 手にしてみて納得。
 芭蕉の「奥の細道」を題材にした
 鉛筆習字のお手本帳なんですね。
 ラピタの万年筆「赤と黒」を手に入れたので、
 ペン習字の練習にもいいかなあ、と。
 時候のあいさつとか、例文集のようなお手本に比べて、
 ちょっと上品な感じがして、
 定年退職した人がお勉強を兼ねて、
 という感じで使われているのでしょうか?
 アイデア勝ちという感じです。

 人気blogランキング  ご協力お願いします!
 ★50日のプログラム
 えんぴつで奥の細道お手本帳としては、すっきりした字体です。
 一文字ずつの解説もあって、使いやすそうです。
 薄字をなぞって覚えていく、という構成で、
 しかも、50日で区切ってあるので、
 50日プログラムとして練習できるんですね。
 いいつくりだなあ、と思います。
 ただ、本の作りも良すぎて、
 固めになっているため、
 後半は書くのがけっこう難しい感じです。
 でも、漢字2割、ひらがな8割ぐらいという
 いいバランスが良かったのでしょうか?
 「えんぴつで漱石」とか
 「えんぴつで鴎外」(漢字の練習できそうです)
 というのが次々でてくるんじゃないでしょうか?

 ★解説も詳しい
 内容は「奥の細道」そのものでして、
 こんな大きくて高い本よりも、
 岩波文庫をお勧めします。
 でも、この本は意外と解説しっかりしています。
 訳+脚注という手堅いつくりです。
 地図もありますし、
 読み物としてもきっちりしていて驚きです。

えんぴつで奥の細道』のブログを
読んでいただきありがとうございました! 
読み終わったら、ポチッとクリックを!
えんぴつで奥の細道←←ブログ継続の励みになります!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『えんぴつで奥の細道』
僕「最初はどうかと思いましたが、バカ売れですね」 店長「反省。もっと強気で追加取 ...続きを見る
ダメだし書店
2006/05/23 20:59
えんぴつで奥の細道
= えんぴつで奥の細道 = ...続きを見る
ゲーム中毒
2006/06/01 17:45
えんぴつで奥の細道
こんばんわ☆トラックバックさせていただきました(*^_^*) ...続きを見る
☆北海道においでよ!☆
2006/06/09 19:15
えんぴつで奥の細道
こないだ実家に帰ったときに、普段なかなか本を指名買いすることのない母が、「これこれ」っと店頭に平積みされたこの本を手にとりました。現代の私たちの最近の生活は、「書く」ことが案外増えています。 ・携帯電話のメール ・会社のパソコンで書類を作成すること ・... ...続きを見る
パワボン
2006/08/07 08:02
えんぴつでなぞる奥の細道
「えんぴつで奥の細道」。 ...続きを見る
流行通信★ハヤリものはコレだ!情報市場
2006/08/18 10:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
えんぴつで奥の細道 シリーズ化する気します ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる