オシムの言葉:フィールドの向こうに人生が見える サッカーを語る賢人

オシムの言葉:フィールドの向こうに人生が見える
 感想☆☆☆☆ 木村 元彦 集英社インターナショナル
 日本代表監督のオシム監督の半生記。
 「オシムの言葉」というタイトルどおり、
 オシム監督がインタビューなどで語った
 個性的な言葉・発言が魅力の本です。
 でも、読んだ理由は、課題図書だったから。
 実は「青少年読書感想文コンクール」の
 「高校生の部」2006年度課題図書なんですね。
 しかも、日本代表監督就任よりもずっと前から。
 「オシムの言葉:フィールドの向こうに人生が見える」
 「その日のまえに」(紹介したページへリンクしています)
 「オリーブの海」(紹介したページへリンクしています)
 の2006年度高校生の部の3冊を完読。
 2学期に間に合いました。

 人気blogランキング  ご協力お願いします!
 ★波乱の国の人だった
 オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見えるネタバレしない程度に内容を紹介すると、
 ジェフ千葉の監督として、日本に招かれ、
 J1の“お荷物チーム”ジェフを
 優勝争いできるチームに育てたところから始まります。
 一転して、幼少期から選手としての活躍や
 ストイコビッチらを率いて望んだW杯イタリア大会へ。
 そして、ユーゴスラビア崩壊に向かっていく…
 という展開です。
 ジェフ千葉というチームだけの話でもなく、
 ユーゴの話だけでもなく、
 バランスが取れた構成で、けっこう面白い本でした。
 1人のスポーツ選手を通じて、
 国家、というテーマに挑戦しているような部分もあります。

 ★シニカルな言葉は
 で、タイトルの通り、言葉が面白いオシム監督でした。
 「休みを与える。ただ、忘れないでほしいのは、
  休みから学ぶものはないという点

 とかは、ちょっとした人生訓ですね。
 全体にうまいなあ、と思ったのが
 メディアとの距離のとり方。
 基本的に、メディアは有害と思っているようなんですが、
 メディア批判を折り混ぜつつ、
 サッカーというスポーツのすごさをきちんと説明する。
 例えば、
 「シュートは外れる時もある。
  それよりあの時間帯に、
  ボランチがあそこまで走っていたことを
  なぜ褒めてあげないのか

 とか。こういうことができる監督は、
 野球などほかのスポーツも含めて、
 日本にはあまりいなくなった気がします。
 スポーツを見るのと、
 スポーツ番組を見るのは違うんですね、やはり。

オシムの言葉』のブログを
読んでいただきありがとうございました! 
読み終わったら、ポチッとクリックを!
オシムの言葉←←ブログ継続の励みになります!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 読書感想「オシムの言葉」

    Excerpt: 読書感想「オシムの言葉」 オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える 【評価】★★★★ Weblog: 三匹の迷える羊たち racked: 2006-12-28 08:04