センセイの書斎 本の整理術はいろいろあるものです

センセイの書斎


 感想☆☆☆ 内澤旬子 幻戯書房
 「本棚を見ると、その人が分かる」
 とはよくいわれますが、
 本棚が並ぶ書斎を見よう、という本です。
 大きな書棚に書斎机、というイメージで、
 特に書斎机に興味がある人には
 ちょっとイメージが違うかも。
 「イラストルポ「本」のある仕事場
 ということで、大学とか図書館、
 あるいは本置き場?の賃貸マンションなどが
 中心なので、あくまで本棚リスト、という感じです。
 昔、妹尾河童さんがこんな仕事場の本を
 出していらした気がします。

 人気blogランキング  ご協力お願いします!
 ★本の名前まで分かります
 センセイの書斎―イラストルポ「本」のある仕事場簡単に内容を紹介すると、
 出てくるのは、作家、研究者などのセンセイたち。
 コラムストの林望さん、
 作家の荻野アンナさん、イラストレーター南伸坊さん
 翻訳家の柳瀬尚紀さん、建築家の石山修武さん
 養老孟司さん、逢坂剛さん、西江雅之さんなどなど
 三十一人の本棚が上から見た緻密なイラストで
 紹介されています。
 書斎の本の名前が書いてあるのが特徴で
 後半は、文字が多すぎるほど。
 でも、横文字の本を含めて紹介しているので、
 けっこう本棚の様子が分かります。
 
 ★本の整理術は
 まずは整理好きかどうか、よく分かります。
 大量の本をどうするか、
 という戦いの場でも書斎はあるわけです。
 佐高信さんは一番汚い感じだし、
 南伸坊さんは独特の扉つき書斎で
 背表紙を見せない美を極めた感じ。
 一方で、西江先生は子どもの頃、自分でつくった本
 (カエルの皮の表紙ってすごいです)
 もあって、まさに千差万別。
 個人的な記憶を元に分類している人が多い中、
 上野千鶴子さんの東大研究室は
 「著者名の五十音別に並べました
 というシステムを構築しているのもすごいです。
 1人で使うか、複数の人が使うか、
 で本の管理は分けないとダメなようです。

センセイの書斎』のブログを
読んでいただきありがとうございました! 
読み終わったら、ポチッとクリックを!
センセイの書斎←←ブログ継続の励みになります!!
センセイの書斎でにほんブログ村 本ブログへ←←ブログ継続の励みになります!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年10月09日 22:00
TBありがとうございます。妹尾河童さんの書いてらしたいろんなレポ、大好きでした。写真とはまた違った面白さがありますね。著者の目線を通すことで、より印象が強くなるような気がします。本の整理は苦手な私ですが・・。

この記事へのトラックバック

  • ビジネス/自己啓発 お奨め書籍を毎週紹介します

    Excerpt: なぜ上司に自分の考えが伝わらないのかお悩みのあなたに贈ります上司をマネジメント 【著者について】 村山 昇(むらやま・のぼる) 1986年慶應義塾大学・経済学部卒業。プラス、日経BP社、イ.. Weblog: 課長 暇 耕作 ”仕事の悩み解決のヒント” racked: 2006-10-08 15:02
  • センセイの書斎 イラストレポ「本」のある仕事場 内澤旬子 幻戯書房

    Excerpt: さまざまな「センセイ」の書斎をイラストと文章でレポした本。 「本」はお金と同じでさびしがりである。 たくさんあるところに、よってくる(爆) もっとも、お金はそのたびに出て行ってしまうのだけれども.. Weblog: おいしい本箱Diary racked: 2006-10-09 21:58
  • [本] センセイの書斎

    Excerpt:   ■ センセイの書斎 作家の書斎(と、一部書店)を取材してイラストで紹介している本。 きちっと整理整頓された部屋、混乱系の部屋、機能してたりしてなかったり、本という整理整頓しづらい情報媒体をど.. Weblog: とくみつ録 racked: 2006-10-12 20:00
  • 英語のホーム頁を日本語で読む方法

    Excerpt: <google 翻訳機能の使用法:英語から日本語に翻訳> 例えば、私はアメリカで「How to Good-bye Depression(さようなら!憂うつよ)」(西垣 廣幸著)という英文本を.. Weblog: おしえて!Google@使用法 racked: 2006-11-12 14:24
  • 『センセイの書斎 イラストルポ「本」のある仕事場』内澤旬子 を読んで

    Excerpt: センセイの書斎 (幻戯書房)イラストルポ「本」のある仕事場内澤旬子 内容紹介 作家、評論家、研究者、デザイナー……。本を書くこと・つくることを仕事する人たちは、本とどのように付き合っているのか? 自.. Weblog: そういうのがいいな、わたしは。(読書日記) racked: 2008-02-26 00:18