レインツリーの国 図書館内乱の小道具ですが

レインツリーの国
 感想☆☆☆ 有川浩 新潮社
 図書館戦争シリーズの第2部、
 図書館内乱の中に登場してくる本
 「レインツリーの国」。
 小牧幹久副班長と、
 幼馴染の中途難聴者、中澤毬江が中心人物となる
 「恋の障害」ですごい小道具で使われる本が、
 本当に読めてしまう、といういたずらですね。
 図書館シリーズなど、有川浩さんの本はこちら
 
 人気blogランキング  ご協力お願いします!
 ★ブログからの出会い
 レインツリーの国ネタバレしない程度に、簡単にあらすじを紹介しますと、
 関西から上京して三年目の向坂伸行。
 ラストが気になった小説「フェアリーゲーム」を
 探していて、ブログ「レインツリーの国」を見つけます。
 ブログの感想に引き込まれて、
 メールを送るようになり、
 ついには気になって、直接出会うようになります。
 ブログを書いていたのは、「ひとみ」という女性。
 でも、映画は字幕の洋画を強引に見たがったり、
 とちょっと不思議な行動が気になります…
 という展開です。
 難聴者が一つのテーマですので、
 展開はわりとシンプルなんですが、
 「図書館戦争」とは全くちがった感じで、
 読んでみると、びっくりすると思います。

 ★レインツリー
 図書館危機でのカミツレの話で、
 花言葉が大切な意味を持ったように、
 この本でも花言葉は出てきます。
 「レインツリー=ネムノキ。そして、
 ネムノキの花言葉は、「歓喜」、「胸のときめき」

 というそうです。
 つまり、レインツリーの国は…
 けっこう甘いラストです。

レインツリーの国』のブログを
読んでいただきありがとうございました! 
読み終わったら、ポチッとクリックを!
ブログランキングへ←←ブログ継続の励みになります!!
にほんブログ村 本ブログへ←←こちらもブログ継続のはげみ!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レインツリーの国  有川 浩

    Excerpt: レインツリーの国 有川 浩  07-41 ★★★☆☆  【レインツリーの国】 有川 浩 著  新潮社  《メールから始まる恋愛、でも……》  内容(「BOOK」データベースより).. Weblog: モンガの独り言 読書日記通信 racked: 2007-04-02 23:57