有頂天家族 2008年本屋大賞の候補でしょうね

有頂天家族
森見登美彦 幻冬舎 評価☆☆☆☆☆

「夜は短し歩けよ乙女」
の森見さんが再び京都を舞台に
書いた奇天烈な小説です。
なんと主人公は狸。
でも、狸は人に化けて、
人は天狗になって、
天狗は人に惚れて…
という不思議な世界で、
狸の「有頂天家族」の暮らしぶりを
紹介しています。
面白ろうてやがて哀しき、という感じで、
この本も2008年本屋大賞で
ノミネートされる気がしました。

人気blogランキング  ご協力お願いします!
★京都の狸
有頂天家族
ネタバレ覚悟で簡単に内容を紹介すると、
京都に暮らす四兄弟の狸の
三男坊、矢三郎は如意ヶ嶽の天狗、
赤玉先生の面倒を見たり、
先生が天狗にしてしまった美女、弁天に
振り回されたり、と
不思議な暮らしをしている。
この暮らしを支えるのが、
狂乱しやすい長男、
蛙にばけてそのままの次男、
すぐしっぽが出てばれてしまう四男と
雷嫌いの母と暮らしている。
そして、いちばんの心の支えは
京都一番の狸だった父、
偽右衛門こと、下鴨総一郎だった…
という話です。
短編のような構成ですが、
徐々に家族のきずなが浮かび上がってくるところは
しっとりしていていいですね。

★阿呆の血
少ししかでて来ない父ですが、
存在感は抜群です。
阿呆の血のしからしむるところだ
という口ぐせで、
狸ならではの不思議なことをしてしまう。
例えば、京都・大文字焼きの夜などの
不思議な戦いとか。
森見さんの得意な空飛ぶ場面は
相変わらずの素敵な世界でした。

有頂天家族』のブログを
読んでいただきありがとうございました! 
読み終わったら、ポチッとクリックを!
ブログランキングへ←←ブログ継続の励みになります!!
にほんブログ村 本ブログへ←←こちらもはげみになります!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 有頂天家族<森見登美彦>-(本:2008年72冊目)-

    Excerpt: 有頂天家族 出版社: 幻冬舎 (2007/9/25) ISBN-10: 4344013840 評価:90点 面白かった。 誰が読んでもそんな気持ちになるんじゃないだろうか。 .. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2008-05-15 23:22
  • 『有頂天家族』(森見登美彦) <感想&書評>

    Excerpt: 有頂天家族森見 登美彦幻冬舎 2007-09-25売り上げランキング : 32310おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 本の内容 糺ノ森に住む狸の名門・下�..... Weblog: Book A GoGo!!! ~本の読書感想ブログ~ racked: 2009-02-07 11:26