番外・2011年本屋大賞のノミネートが発表されましたね

番外・2011年本屋大賞のノミネート作
評価☆☆☆☆ 木内昇 集英社

よくよく振り返ると、
1月はいつも忙しいんです。
その最大の理由は、本屋大賞のノミネート作が
発表されるから!
(直木賞の発表が1月にあり、
11月のノーベル文学賞受賞者の本が
ちょうど翻訳される頃だから、というのもありますが)。
全部読んでいないということはないんですが、
10冊全部読んでしまっていることはまずなく……。
今年もがんばって読みますか?

★今年の本屋大賞ノミネートは
2011年の本屋大賞のノミネート作は
貴志祐介さん「悪の教典」(文藝春秋)☆☆☆☆
百田尚樹さん「錨を上げよ」(講談社)☆☆☆
夏川草介さん「神様のカルテ2」(小学館)☆☆☆☆☆
有川浩さん 「キケン」(新潮社) ☆☆☆☆
梓崎優さん 「叫びと祈り」(東京創元社)☆☆☆☆
有川浩さん 「ストーリー・セラー」(新潮社)☆☆☆☆
奥泉光さん 「シューマンの指」(講談社)☆☆☆☆
東川篤哉さん「謎解きはディナーのあとで」(小学館) 大賞受賞作
窪美澄さん 「ふがいない僕は空を見た」(新潮社)☆☆☆
森見登美彦さん「ペンギン・ハイウェイ」(角川書店)
の10作品です。
有川浩さんが2作品というのが目立ちます。
オススメはやっぱり「悪の教典」ですが、
既に売れてしまっている本は大賞が取れない、という
傾向があるだけに、どうかな?
ちなみに、出版されてから時間が経っている本も
受賞しにくい、っていう傾向もあります。
うーん、どれがいいかなあ、と。
(追記 リンク先に紹介があります。☆印から考えると、
 神様のカルテ2が高評価で、一番読後感がいい本です)

★ぼちぼち紹介しますね
で、数えてみると、4冊は読了してまして、
このあたりはボチボチ紹介しています。
本屋大賞、今年も楽しみです。

番外・2011年本屋大賞のノミネート作』のブログを
読んでいただきありがとうございました! 
読み終わったら、ポチッとクリックを!
ブログランキングへ←←ブログ継続の励みになります!!
にほんブログ村 本ブログへ←←こちらもはげみになります!!

悪の教典 上
文藝春秋
貴志 祐介
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 悪の教典 上 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 錨を上げよ(上) (100周年書き下ろし) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



神様のカルテ 2
小学館
夏川 草介
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 神様のカルテ 2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



キケン
新潮社
有川 浩
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キケン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by  の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ストーリー・セラー
新潮社
有川 浩
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ストーリー・セラー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シューマンの指 (100周年書き下ろし) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



謎解きはディナーのあとで
小学館
東川 篤哉
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 謎解きはディナーのあとで の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

“My”アフィリエイトの松嶋と申します
2011年02月16日 16:55
突然のご連絡失礼いたします。
“My”アフィリエイト スカウト事務局の松嶋と申します。

私はNTTコミュニケーションズが運営する“My”アフィリエイトの広告プログラムを優良サイト様へご紹介する活動をしております。

貴サイトを拝見し、学習に関する情報が充実したサイトだと感じました。
資格や語学などの今人気の広告バナー掲載にぜひご協力いただけないでしょうか。
詳細をご覧いただいてからご判断いただいて構いません。
特典もありますので、ご興味がございましたら以下のURLから詳細をご確認いただければ幸いです。

http://www.affiliate.ntt.com/topics/scout/
※申込フォームには下記の情報をご入力ください。
エントリーコード『178』 、サイトURL『http://wallbreak.at.webry.info/
※2/28までに広告掲載にご協力いただいた方が特典対象となります

この度の連絡で不快な思いをされた方には大変申し訳ございません。お詫び申し上げます。

この記事へのトラックバック