テーマ:課題図書

フラダン 2017年 高校生課題図書

フラダン 2017年 高校生課題図書 評価☆☆☆☆ 古内一絵 小峰書店 2017年の高校生向け課題図書です。 フラダンとはずばり、フラダンスのこと。 高校生のフラダンス同好会が舞台の小説で、 青春小説なんですが、 やっぱり課題図書になる本は、いろいろ絡めてきます。 「フラダン」の場合はなんと「震災復興」です。 ★…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生きる 劉連仁の物語 2016の中学生課題図書

生きる 劉連仁の物語 2016の中学生課題図書 評価☆☆☆ 森越智子 童心社 2016年の中学生向け課題図書です。 「劉連仁」という名前をネットで調べれば分かるように、 劉連仁事件を扱った小説?またはルポという内容です。 小説のように始めながら、 ルポに切り替わり、リストで終わるという構成が まず破綻しているようで、 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ABC! 曙第二中学校放送部 2016の中学生課題図書

ABC! 曙第二中学校放送部 2016の中学生課題図書 評価☆☆☆☆☆ 市川朔久子 講談社 2016年の中学生向け課題図書です。 タイトル通り、放送部を舞台にした小説です。 Akebono Broadcasting Club略してABC というタイトルは放送部の名前だったんです。 ちょっとマイナーな部活動ですが、 個性…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ハーレムの闘う本屋 ルイス・ミショーの生涯 2016の高校生課題図書

ハーレムの闘う本屋 ルイス・ミショーの生涯 2016の高校生課題図書 評価☆☆☆☆☆ ヴォーンダ・ミショー・ネルソン あすなろ書房 2016年の高校生向け課題図書です。 課題図書が好きな話として 「本の力」という分野があります。 この「ハーレムの闘う本屋」は まさに「本の力」を〝実力行使〟した ニューヨーク・ハーレムに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

白いイルカの浜辺 2016の中学生課題図書

白いイルカの浜辺 2016の中学生課題図書 評価☆☆☆☆☆ ジル・ルイス 評論社 2016年の中学生向け課題図書です。 中学生向けの課題図書としては 唯一の外国作家による本です。 海を舞台にして、ピンチあり、友情あり、 と素直に楽しめる海の小説です。 海やヨットの楽しさを知っていたら、 お薦めの課題図書です。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

シンドラーに救われた少年 2016の高校生課題図書

シンドラーに救われた少年 2016の高校生課題図書 評価☆☆☆☆☆ レオン・レイソン 河出書房新社 2016年の高校生向け課題図書です。 「シンドラーに救われた少年」の下準備として、 1994年に公開され、スティーブン・スピルバーグ監督が 初めてアカデミー最優秀作品賞・監督賞を受賞した名作 「シンドラーのリスト」を見てお…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

タスキメシ 2016の高校生課題図書

タスキメシ 2016の高校生課題図書 評価☆☆☆☆☆ 額賀澪 小学館 2016年の高校生向け課題図書です。 「タスキメシ」とは不思議なタイトルですが、 駅伝の「襷」と「飯」で、「タスキメシ」。 駅伝ブームは続いているようで、 駅伝がテーマになった小説も 三浦しおんさんの「強い風が吹いている」(傑作だな。箱根駅伝です) …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

読書感想文課題図書2016年が決定

読書感想文課題図書2016年が決定 2016年の読書感想文の課題図書が決まりましたね。 青少年読書感想文全国コンクールの傾向として、 高校生3冊中学生3冊を見てみると、 やはり外国作品は外せないんですね。 その一方で、やっぱり好きなのが戦争の本でした。 ★中学生の課題図書3冊 まず中学生の3冊は ABC!曙第二中…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

希望の海へ 2015年の高校生課題図書

希望の海へ 2015年の高校生課題図書 評価☆☆☆☆☆ 塚本勝巳 学研 2015年の高校生向け課題図書です。 読み終わってみると、 「希望の海へ」というタイトルがどうもしっくりこない。 原題は「ALONE ON A WIDE WIDE SEA」で 「ぽつり広い広い洋上で」という意味でしょうか。 「広い海で独りぼっち」だ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

うなぎ 一億年の謎を追う 2015年の中学生課題図書

うなぎ 一億年の謎を追う 2015年の中学生課題図書 評価☆☆☆☆☆ 塚本勝巳 学研 2015年の中学生向け課題図書です。 昔から日本人が知っているのに、 なぞが多いウナギ。 そのウナギの生態を東京大学海洋研究所でさぐり続けた人だけに、 ウナギのすごさがよくわかります。 と同時に、太平洋の中から ミリ単位のウナギの卵…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マララ 2015年の高校生 課題図書

マララ 2015年の高校生 課題図書 評価☆☆☆☆ マララ・ユスフザイ パトリシア・マコーミック 岩崎書店 2015年の高校生向け課題図書です。 この「マララ 教育のために立ち上がり、世界を変えた少女」は ノーベル平和賞を受賞したパキスタンの少女、 マララさんのノンフィクション的な本です。 パキスタンという、日本からは分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペンギンが教えてくれた物理のはなし 2015年の高校生課題図書

ペンギンが教えてくれた物理のはなし 2015年の高校生課題図書 評価☆☆☆☆☆ 渡辺 佑基  河出書房新社 2015年の読書感想文課題図書 「ペンギンが教えてくれた物理のはなし」です。 課題図書の中では、唯一の理系モノです。 今年の課題図書になる前から 新聞書評などでは話題になっていましたが、 今年の高校生の課題図書で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

番外・2015年の課題図書(中学校・高校) 理系が面白い

2015年の夏休みの課題図書が発表されましたね。 中学生は小説・外国の本・理系という基本通りの構成でしたが、 高校生の課題図書は外国の本が2冊という珍しい展開。 小学生高学年向けの本なので、 読み方も書き方などはそんなに難しくはないんですが、 おすすめは理系の本「ペンギンが教えてくれた物理のはなし」ですね。 中学生・高校生の…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

銀翼のイカロス ドラマ半沢直樹を裏切らない展開です

銀翼のイカロス 評価☆☆☆☆☆ 池井戸潤淳 新潮社 本、というよりもドラマ半沢直樹シリーズで 有名になってしまったシリーズの最新刊です。 出向先から戻ってきた半沢直樹が またまた頭取命令で難題に直面する、 というのはいつもどおりですが、 今回は、モデル企業がはっきりしすぎて ドラマ化は大変そうだなあ、と思います。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

星空ロック ロマン小説ようなあらすじだ

星空ロック 2014年の中学生課題図書 評価☆☆☆ 那須田淳 あすなろ書房 今年の課題図書はひねっています。 日本人の本、と思わせておいて、 舞台は海外、という展開が中学・高校ともありました。 国際交流とか、 世界進出とか、そんな意識が強い年だったんでしょうか? 身の回りの話でないと、感想文は書きにくいケースが 多く…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

路上のストライカー あらすじだけじゃ感想文はきつい

路上のストライカー 2014年の高校生 課題図書 評価☆☆☆ マイケル・ウィリアム 岩波書店 2014年の高校生向け課題図書です。 この「路上のストライカー」は 今年の外国文学部門。 (基本的に、課題図書3冊のうち1冊は外国の本、というのが基本です)。 とはいっても、その外国振りがなかなかすごくて、 ジンバブエからスタ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ホタルの光は、なぞだらけ 2014年の中学生 課題図書 ミミズ探しが書き方のコツ?

ホタルの光は、なぞだらけ 2014年の中学生 課題図書 評価☆☆☆☆☆ 大場裕一 くもん出版 2014年の中学生向け課題図書です。 この「ホタルの光は、なぞだらけ」は 今年の理系向け課題図書。 (基本的に、課題図書3冊のうち1冊は理系です) ホタルだけでなく、光る生物全体の話なんですが、 よく知られていない光るミミズか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

生命とは何だろう? 2014年の高校生 課題図書

評価☆☆☆☆☆ 長沼 毅 集英社インターナショナル 2014年の高校生向け課題図書です。 この「生命とは何だろう?」は 今年の理系向け課題図書。 (基本的に、課題図書3冊のうち1冊は理系です) 理系向けは、 内容のインパクトが強くて、印象が残りやすいだけでなく、 語り口が柔らかく、つかみやすいことが多いので、 お勧め…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アヴェ・マリアのヴァイオリン 2014年の高校生 課題図書

アヴェ・マリアのヴァイオリン 2014年の高校生 課題図書 評価☆☆☆☆ 香川宣子 角川書店 2014年の高校生向け課題図書です。 この「アヴェ・マリアのヴァイオリン」は 歴史代の課題図書の中では異色作ですね。 なぜなら、日本人が作者なのに、 課題図書が大好きなあのテーマが主題だから。 こんな本をよく見つけてきたなあ、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

語りつぐ者 2014年の中学生 課題図書

語りつぐ者 2014年の中学生 課題図書 評価☆☆☆☆ パトリシア・ライリー・ギフ さ・え・ら書房 2014年の中学生向け課題図書。 3冊ある課題図書のうち、 必ず1冊は外国作品になっています。 この「語りつぐ者」はアメリカが舞台の小説で、 「語りつぐ」のはなんと、240年前のアメリカ独立戦争! 日本で言うと、江戸時代…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

番外・2014年の課題図書(中学校・高校)

番外・2014年の課題図書(中学校・高校) 手堅い選択 2014年の夏休みの課題図書が発表されましたね。 中学校・高校とも手堅い選び方。 例年通りの傾向として、 やはり日本の作品2冊と外国作品1冊、 小説など文系が2冊、理系が1冊という組み合わせです。 ★中学校は まず中学校の課題図書は 星空ロック(あすなろ書房…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

チャーシューの月 2013年の中学生課題図書 児童養護施設を知ってますか

チャーシューの月 評価☆☆☆☆ 村中季衣 佐藤真紀子 小峰書店 2013年の中学生課題図書です。 「チャーシューの月」は 児童養護施設で暮らす子どもたちを 主人公にした、課題図書には珍しい小説です。 子どもたちを美化することもなく、 そのまま描くにはちょっと難しい世界ですが、 一つのアイデアを持ち込んで、 中学生向…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

ぼくが宇宙人をさがす理由  2013年の中学生課題図書 2013年のお勧めはこれ

ぼくが宇宙人をさがす理由 評価☆☆☆☆☆ 鳴沢真也 旬報社 2013年の中学生課題図書です。 「ぼくが宇宙人をさがす理由」は 今年の中学生の課題図書で唯一、 理系向けの課題図書です。 宇宙人を探す取り組みをしている 兵庫県立大学西はりま天文台が著者で、 宇宙人探しが科学的にはどうやっているのか 初めて知りました。 …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

フェリックスとゼルダ 2013年の中学生課題図書 ちょっと大変かな

フェリックスとゼルダ 評価☆☆☆☆☆ モーリス・グライツマン あすなろ書房 2013年の中学生課題図書です。 「フェリックスとゼルダ」というタイトルは ゲームのキャラクターみたいなんですが、 実は、ナチス・ドイツのユダヤ人虐殺を扱った小説。 課題図書の定番中の定番のテーマを扱った作品でした。 ★孤児フェリックスは …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂

ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂 評価☆☆☆☆ マーギー・プロイス 集英社 2013年の高校生課題図書です。 「ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂」 というタイトルどおり、 日本から漂流してアメリカを見てきた 幕末のジョン万次郎が主人公の小説です。 なぜかアメリカの児童文学者が書いているんですが、 呼んでみたら納得…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

宇宙へ「出張」してきます 2013年の高校生課題図書 読みやすいけど書きにくい?

宇宙へ「出張」してきます 評価☆☆☆☆ 古川聡 林公代 毎日新聞科学環境部 2013年の高校生課題図書です。 「宇宙へ「出張」してきます」という ちょっとインパクトに欠けるタイトルは 毎日新聞社のセンスのせいのような気が……。 高校生の課題図書では、 唯一の理系テーマです。 内容的には、医師として宇宙ステーションIS…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

歌え! 多摩川高校合唱部  2013年の高校生課題図書 書き方のコツは余韻にあり

歌え! 多摩川高校合唱部 評価☆☆☆☆ 本田有明 2013年の高校生課題図書です。 「歌え! 多摩川高校合唱部」というタイトルどおり、 多摩川高校の合唱部の高校生たちが主人公。 高校生の部活動の課題図書といえば、 スポーツ系が多いんですが、 珍しく芸術系の部活動を扱った本でした。 でも、合唱部という運動部的な部なのが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

番外・2013年読書感想文コンクールの課題図書  書くのはラクになりそう

番外・2013年読書感想文コンクールの課題図書 2013年読書感想文コンクールの課題図書が発表されました。 変則的だった2012年と比べると、 今年の課題図書はとてもオーソドックス。 例年通りの傾向として、 やはり日本の作品2冊と外国作品1冊、 そして、小説など文系が2冊、理系が1冊に戻りました。 2012年はなかった…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

地球の声に耳をすませて 唯一の理系の課題図書

地球の声に耳をすませて 評価☆☆☆☆ 大木聖子 くもん出版 2012年の中学生課題図書です。 地震学者の卵の著者が 自分が地震学者を目指した過去を交えながら、 地震から分かった地球のことを教えています。 中学生の課題図書で唯一の理系の本です。 ★地球の中は輝いている ネタバレしない程度に、 「地球の声に耳をすま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地をはう風のように 書き方が悩ましい課題図書

地をはう風のように 評価☆☆☆ 高橋秀雄 福音館書店 2012年の中学生課題図書です。 昭和30年代半ばの貧しい暮らしをする 小学6年生が主人公でして、 現在の暮らしからは想像しがたい内容です。 中学生が想像で書くにしても、 とまどいそうな内容です。 ★貧しさとの戦い ネタバレしない程度に、 「地をはう風のよ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more