テーマ:読書

フラダン 2017年 高校生課題図書

フラダン 2017年 高校生課題図書 評価☆☆☆☆ 古内一絵 小峰書店 2017年の高校生向け課題図書です。 フラダンとはずばり、フラダンスのこと。 高校生のフラダンス同好会が舞台の小説で、 青春小説なんですが、 やっぱり課題図書になる本は、いろいろ絡めてきます。 「フラダン」の場合はなんと「震災復興」です。 ★…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生きる 劉連仁の物語 2016の中学生課題図書

生きる 劉連仁の物語 2016の中学生課題図書 評価☆☆☆ 森越智子 童心社 2016年の中学生向け課題図書です。 「劉連仁」という名前をネットで調べれば分かるように、 劉連仁事件を扱った小説?またはルポという内容です。 小説のように始めながら、 ルポに切り替わり、リストで終わるという構成が まず破綻しているようで、 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ABC! 曙第二中学校放送部 2016の中学生課題図書

ABC! 曙第二中学校放送部 2016の中学生課題図書 評価☆☆☆☆☆ 市川朔久子 講談社 2016年の中学生向け課題図書です。 タイトル通り、放送部を舞台にした小説です。 Akebono Broadcasting Club略してABC というタイトルは放送部の名前だったんです。 ちょっとマイナーな部活動ですが、 個性…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ハーレムの闘う本屋 ルイス・ミショーの生涯 2016の高校生課題図書

ハーレムの闘う本屋 ルイス・ミショーの生涯 2016の高校生課題図書 評価☆☆☆☆☆ ヴォーンダ・ミショー・ネルソン あすなろ書房 2016年の高校生向け課題図書です。 課題図書が好きな話として 「本の力」という分野があります。 この「ハーレムの闘う本屋」は まさに「本の力」を〝実力行使〟した ニューヨーク・ハーレムに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

白いイルカの浜辺 2016の中学生課題図書

白いイルカの浜辺 2016の中学生課題図書 評価☆☆☆☆☆ ジル・ルイス 評論社 2016年の中学生向け課題図書です。 中学生向けの課題図書としては 唯一の外国作家による本です。 海を舞台にして、ピンチあり、友情あり、 と素直に楽しめる海の小説です。 海やヨットの楽しさを知っていたら、 お薦めの課題図書です。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

シンドラーに救われた少年 2016の高校生課題図書

シンドラーに救われた少年 2016の高校生課題図書 評価☆☆☆☆☆ レオン・レイソン 河出書房新社 2016年の高校生向け課題図書です。 「シンドラーに救われた少年」の下準備として、 1994年に公開され、スティーブン・スピルバーグ監督が 初めてアカデミー最優秀作品賞・監督賞を受賞した名作 「シンドラーのリスト」を見てお…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

タスキメシ 2016の高校生課題図書

タスキメシ 2016の高校生課題図書 評価☆☆☆☆☆ 額賀澪 小学館 2016年の高校生向け課題図書です。 「タスキメシ」とは不思議なタイトルですが、 駅伝の「襷」と「飯」で、「タスキメシ」。 駅伝ブームは続いているようで、 駅伝がテーマになった小説も 三浦しおんさんの「強い風が吹いている」(傑作だな。箱根駅伝です) …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

読書感想文課題図書2016年が決定

読書感想文課題図書2016年が決定 2016年の読書感想文の課題図書が決まりましたね。 青少年読書感想文全国コンクールの傾向として、 高校生3冊中学生3冊を見てみると、 やはり外国作品は外せないんですね。 その一方で、やっぱり好きなのが戦争の本でした。 ★中学生の課題図書3冊 まず中学生の3冊は ABC!曙第二中…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

希望の海へ 2015年の高校生課題図書

希望の海へ 2015年の高校生課題図書 評価☆☆☆☆☆ 塚本勝巳 学研 2015年の高校生向け課題図書です。 読み終わってみると、 「希望の海へ」というタイトルがどうもしっくりこない。 原題は「ALONE ON A WIDE WIDE SEA」で 「ぽつり広い広い洋上で」という意味でしょうか。 「広い海で独りぼっち」だ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

うなぎ 一億年の謎を追う 2015年の中学生課題図書

うなぎ 一億年の謎を追う 2015年の中学生課題図書 評価☆☆☆☆☆ 塚本勝巳 学研 2015年の中学生向け課題図書です。 昔から日本人が知っているのに、 なぞが多いウナギ。 そのウナギの生態を東京大学海洋研究所でさぐり続けた人だけに、 ウナギのすごさがよくわかります。 と同時に、太平洋の中から ミリ単位のウナギの卵…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

番外・2015年直木賞の候補作品

番外・2015年直木賞の候補作品 2015年上半期の直木賞の候補作品が 公表されましたね。 2015年の三島由紀夫賞に続いて、 お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんの 「火花」が芥川賞でノミネートされたので、 芥川賞が注目されそうですが、 本としては、直木賞がいいんですよね。 ★推理が多い 今回ノミネートされた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マララ 2015年の高校生 課題図書

マララ 2015年の高校生 課題図書 評価☆☆☆☆ マララ・ユスフザイ パトリシア・マコーミック 岩崎書店 2015年の高校生向け課題図書です。 この「マララ 教育のために立ち上がり、世界を変えた少女」は ノーベル平和賞を受賞したパキスタンの少女、 マララさんのノンフィクション的な本です。 パキスタンという、日本からは分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペンギンが教えてくれた物理のはなし 2015年の高校生課題図書

ペンギンが教えてくれた物理のはなし 2015年の高校生課題図書 評価☆☆☆☆☆ 渡辺 佑基  河出書房新社 2015年の読書感想文課題図書 「ペンギンが教えてくれた物理のはなし」です。 課題図書の中では、唯一の理系モノです。 今年の課題図書になる前から 新聞書評などでは話題になっていましたが、 今年の高校生の課題図書で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

番外・2015年の課題図書(中学校・高校) 理系が面白い

2015年の夏休みの課題図書が発表されましたね。 中学生は小説・外国の本・理系という基本通りの構成でしたが、 高校生の課題図書は外国の本が2冊という珍しい展開。 小学生高学年向けの本なので、 読み方も書き方などはそんなに難しくはないんですが、 おすすめは理系の本「ペンギンが教えてくれた物理のはなし」ですね。 中学生・高校生の…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

番外・本屋大賞決まりましたね 鹿の王とその女アレックス

本屋大賞決まりましたね ついにお待ちかねの本屋大賞が発表されましたね。 『鹿の王』 上橋菜穂子 KADOKAWA 角川書店 で、児童文学の本屋大賞は初めてではないかしら。 まだ、読めていないんですが…… 翻訳小説部門では、 『その女アレックス』ピエール・ルメートル 文春文庫が入賞しましたね。 これもクセのある刑事た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

番外・2015年本屋大賞のノミネート

番外・2015年本屋大賞のノミネート ついにお待ちかねの本屋大賞のノミネート作品が 公表されましたね。 話題の本が多くなってしまって、 注目作品を発見する、という感じがなくなってしまって久しいですが、 今年も手堅い本が集まりました。 ★この10作品です 今回ノミネートされたのは、 『アイネクライネナハトムジーク』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上流階級 富久丸百貨店外商部  デパート外商部を舞台にドラマ化

上流階級 富久丸百貨店外商部 評価☆☆☆☆☆ 高殿円 光文社 職業の裏側の話が最近多いんですが、 これは一流デパートの外商部、 という特殊な世界がテーマ。 でも、主人公の設定で ほんわり軽い経済小説で なかなか楽しめました。 国税を舞台にした「トッカン」を 書いた著者だけあって、 この上流階級も今度、ドラマ化され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀翼のイカロス ドラマ半沢直樹を裏切らない展開です

銀翼のイカロス 評価☆☆☆☆☆ 池井戸潤淳 新潮社 本、というよりもドラマ半沢直樹シリーズで 有名になってしまったシリーズの最新刊です。 出向先から戻ってきた半沢直樹が またまた頭取命令で難題に直面する、 というのはいつもどおりですが、 今回は、モデル企業がはっきりしすぎて ドラマ化は大変そうだなあ、と思います。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

星空ロック ロマン小説ようなあらすじだ

星空ロック 2014年の中学生課題図書 評価☆☆☆ 那須田淳 あすなろ書房 今年の課題図書はひねっています。 日本人の本、と思わせておいて、 舞台は海外、という展開が中学・高校ともありました。 国際交流とか、 世界進出とか、そんな意識が強い年だったんでしょうか? 身の回りの話でないと、感想文は書きにくいケースが 多く…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

路上のストライカー あらすじだけじゃ感想文はきつい

路上のストライカー 2014年の高校生 課題図書 評価☆☆☆ マイケル・ウィリアム 岩波書店 2014年の高校生向け課題図書です。 この「路上のストライカー」は 今年の外国文学部門。 (基本的に、課題図書3冊のうち1冊は外国の本、というのが基本です)。 とはいっても、その外国振りがなかなかすごくて、 ジンバブエからスタ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ホタルの光は、なぞだらけ 2014年の中学生 課題図書 ミミズ探しが書き方のコツ?

ホタルの光は、なぞだらけ 2014年の中学生 課題図書 評価☆☆☆☆☆ 大場裕一 くもん出版 2014年の中学生向け課題図書です。 この「ホタルの光は、なぞだらけ」は 今年の理系向け課題図書。 (基本的に、課題図書3冊のうち1冊は理系です) ホタルだけでなく、光る生物全体の話なんですが、 よく知られていない光るミミズか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

生命とは何だろう? 2014年の高校生 課題図書

評価☆☆☆☆☆ 長沼 毅 集英社インターナショナル 2014年の高校生向け課題図書です。 この「生命とは何だろう?」は 今年の理系向け課題図書。 (基本的に、課題図書3冊のうち1冊は理系です) 理系向けは、 内容のインパクトが強くて、印象が残りやすいだけでなく、 語り口が柔らかく、つかみやすいことが多いので、 お勧め…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アヴェ・マリアのヴァイオリン 2014年の高校生 課題図書

アヴェ・マリアのヴァイオリン 2014年の高校生 課題図書 評価☆☆☆☆ 香川宣子 角川書店 2014年の高校生向け課題図書です。 この「アヴェ・マリアのヴァイオリン」は 歴史代の課題図書の中では異色作ですね。 なぜなら、日本人が作者なのに、 課題図書が大好きなあのテーマが主題だから。 こんな本をよく見つけてきたなあ、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

語りつぐ者 2014年の中学生 課題図書

語りつぐ者 2014年の中学生 課題図書 評価☆☆☆☆ パトリシア・ライリー・ギフ さ・え・ら書房 2014年の中学生向け課題図書。 3冊ある課題図書のうち、 必ず1冊は外国作品になっています。 この「語りつぐ者」はアメリカが舞台の小説で、 「語りつぐ」のはなんと、240年前のアメリカ独立戦争! 日本で言うと、江戸時代…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

番外・2014年の課題図書(中学校・高校)

番外・2014年の課題図書(中学校・高校) 手堅い選択 2014年の夏休みの課題図書が発表されましたね。 中学校・高校とも手堅い選び方。 例年通りの傾向として、 やはり日本の作品2冊と外国作品1冊、 小説など文系が2冊、理系が1冊という組み合わせです。 ★中学校は まず中学校の課題図書は 星空ロック(あすなろ書房…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

村上海賊の娘 映画化間違いないでしょうね

村上海賊の娘 評価☆☆☆☆☆ 和田竜 新潮社 2014年の本屋大賞受賞作で、 もう本屋さんの店頭でも山積みです。 「のぼうの城」の和田さんですから、 エンターテインメントとして 間違いなく楽しめる本ですね。 上下2巻とちょっと長いんですが、 この長さがないと、話が盛り上がらないんですね。 下巻の山場は完全に映画意識…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

番外・2014年の本屋大賞は「村上海賊の娘」

番外・2014年の本屋大賞は「村上海賊の娘」 本屋大賞が発表されましたね。 和田竜さんの「村上海賊の娘」が受賞しました。 昨年は百田尚樹さんの『海賊とよばれた男』でしたから、 海賊の男→海賊の娘 と、海賊が続いたのが印象的でした。 歴史小説っぽい作品が2年続いたのは 意外でして、本屋大賞も変わってきたなあ、 としみじ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

昭和の犬 最近の直木賞作品では一番楽しい

昭和の犬 評価☆☆☆☆☆ 姫野カオルコ 幻冬舎 2013年後半の直木賞受賞作です。 最近読んだ直木賞の中で、 一番、ほのぼのと楽しく くすっと笑える内容でした。 姫野さんの自伝的な小説と聞きましたが、 昭和、という時代の良さがしみじみ伝わります。 ★滋賀の田舎で ネタバレしない程度に 「昭和の犬」のあらすじを…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

2013年後半の直木賞「恋歌」と「昭和の犬」

2013年後半、第150回の直木賞が決まりましたね。 朝井まかてさん  「恋歌」(講談社) 姫野カオルコさん 「昭和の犬」(幻冬舎) の2作品ですね。 2冊ともちょうど手元にある本なので、びっくり。 ぱらっと読んでみた印象では、 朝井さんの芯のある時代小説がいい感じです。 個人的には、万城目学さんの「とっぴんぱらりの風…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あとかた 2013年後半の直木賞候補です

あとかた 評価☆☆☆ 千早茜 新潮社 2013年下半期の直木賞候補作です。 千早さんは初めて読みました。 六つの短篇が少しずつ重なりながら、 つながっていくという 最近、よくある構成です。 「ほむら」「てがた」「ゆびわ」など 全部、ひらがた3文字という ちょっと凝った見出しです。 ★定まらない恋 ネタバレし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more