テーマ:テレビ

番外・木曜ナイトドラマ「リセット」

久しぶりのCyber Buzzのキャンペーンです。 今回のは「木曜ナイトドラマ「リセット」 」。 (http://www.ytv.co.jp/reset/)。 木曜深夜に日本テレビ系列で放映しているドラマです。 もしあの時、別の道を選んでいたら… その瞬間を軸にしたドラマですが、 なぜか突然、ネット広告です。 テレビとイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪 オルハン・パムク オススメ本度☆☆☆ 藤原書店 爆笑問題の太田光さんが お勧めの本としてテレビで紹介していて すぐに手にしたんですが、 読み終えるのには時間がかかってしまいました。 「雪」というタイトルのとおり、 さまざまなメタファーとして雪が でてきています。 イスラムの知識があると、 もっと読みやすかった…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

美女と竹林

美女と竹林 森見登美彦 オススメ本度☆☆☆ 光文社 「有頂天家族」 「夜は短し歩けよ乙女」と京都を舞台にした 華麗な空想小説を展開してきた森見さんが 結婚した、と報道されていました。 その時の奥様が、かぐや姫、と例えられていましたが、 この「美女と竹林」を読んで納得。 美女の理想がかぐや姫ですから。 人気blo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誘拐

誘拐 五十嵐貴久 オススメ本度☆☆☆ 双葉社 誘拐事件を扱った小説は 今までもかなりありますが、 こんなトリックがまだありましたか、 というアイデアがありました。 お金を手に入れるための アイデア自身は読めてしまうし、 粗い部分も目立つんですが、 けっこう強引な方法を 実現させる状況設定が上手い本です。 人…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

地図男

地図男 真藤順丈 オススメ本度☆☆☆ メディアファクトリー お久しぶりです。 去年、立て続けにいろいろな文学賞を 受賞して注目を集めた真藤順丈のデビュー作。 順丈は「じゅんじょう」とそのまま読むんですね。 ダ・ヴィンチ文学大賞の、この「地図男」と 日本ホラー小説大賞の「庵堂三兄弟の聖職」 ポプラ社小説大賞特別賞の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

いっちばん  「しゃばけ」シリーズです

いっちばん 畠中恵 評価☆☆☆ 新潮社 「しゃばけ」シリーズも 安定しています。 また、「うそうそ」がドラマ化されるようですが、 手越祐也さん、谷原章介さん、高杉亘さんの配役は 前回から引き続けられるようです。 若だんなと鳴家、 そして、佐助、仁吉という兄さんと いう、ある意味、水戸黄門的な安定感。 くすっという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

別冊図書館戦争Ⅱ

別冊図書館戦争 2 有川浩 評価☆☆☆ アスキー・メディアワークス 図書館戦争も2冊目の別冊です。 堂上と郁の主人公の話ではなくて、 脇を固めるメンバーが中心です。 となれば、サブヒロインだった 柴崎と手塚という不器用な2人の話が メーンになってきていました。 これがけっこう不可解で大変な展開です。 人気blo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

果断―隠蔽捜査2 山本周五郎賞になりましたね

果断―隠蔽捜査2 今野敏 新潮社 評価☆☆☆☆ 昨日の「隠蔽捜査」の続編、 「果断―隠蔽捜査2」です。 こちらはまだ文庫本が出ていなくて、 ハードカバーでした。 異色の警察官僚、竜崎が こんどは署長として事件現場に乗り込み、 事件解決に向かう、という展開です。 警察内部の暗闘が中心だった前作よりも、 事件の解決に…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

枕革命 ひと晩で体が変わる 枕外来の検査が分かる

枕革命 ひと晩で体が変わる 山田朱織 講談社 評価☆☆☆ グッスリ眠れる枕を 探し続けている人のための本でした。 でも、枕の良し悪しがよく分からずに 枕をいろいろ変える枕ジプシーに なってしまっている人におすすめ。 不眠の原因が枕である場合は、 この本が大きな救いになると思います。 人気blogランキング  ご…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

田中宥久子の造顔マッサージ 1週間で変わりますね

田中宥久子の造顔マッサージ  感想☆☆☆☆ 田中宥久子 講談社  今月になって天下のNHK教育番組!に  田中宥久子さんが出演してました。  紹介したのは当然、この造顔マッサージ。  「10年前の顔になる」というサブタイトルの強烈さに、  NHK出演効果もあってか、  アマゾンでもベストセラー1位に返り咲きましたね。  …
トラックバック:9
コメント:2

続きを読むread more

駅伝がマラソンをダメにした 本当は箱根駅伝の話です

駅伝がマラソンをダメにした  感想☆☆☆ 生島淳 光文社  刺激的なタイトルですが、  本当は「箱根駅伝」がマラソンを駄目にした、  という主張の本です。  正月の社会人駅伝や  女子駅伝に対しては好意的な評価です。  箱根駅伝を見る場合に知っておくと、  より楽しめるような内容で、  ちょっと複雑な読後感です。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嫌われ松子の一生 原作を読んでからドラマと映画を見ます

嫌われ松子の一生  感想☆☆☆ 山田宗樹 幻冬舎  10月からの新ドラマの一つ、  「嫌われ松子の一生」。  以前、中谷美紀さんが主演で  「嫌われ松子の一生」の映画もありましたので、  特に気になっていたんですが、  なんと、Dr.コトー2006と同じ  木曜日午後10時から。  第1話は録画しましたが、  やっぱ…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

Dr.コトー診療所・写真集 2006の与那国の景色はどうかな

Dr.コトー診療所・写真集 黒潮の風 国境の雲  与那国にドラマが戻る  感想☆☆☆ フジテレビ出版 扶桑社  10月からのパート2の開始が気になって  「Dr.コトー」のテレビ番組を基にした  写真集をふと見つけて読んで見ました。  Dr.コトー診療所2004 DVD BOXというのは  ありますが、DVDよりも本がラク…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

局アナ 安住紳一郎 アナウンサーのテレビの味方

局アナ 安住紳一郎-誰も知らないホントの姿  感想☆☆☆☆ 安住紳一郎 小学館  TBSの人気アナウンサーの  安住紳一郎さんのエッセーです。  ちょっと被虐的な、  でも相当失礼なコメント展開が  個性的な安住さん。  テレビ業界の人はやはり  テレビの見方は厳しいものですが、  このエッセーは局アナならではの  …
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

ナンシー関大全  名コラムニストの暮らしが見える

『ナンシー関大全』  感想☆☆☆  ナンシー関 文芸春秋  消しゴム版画とテレビ批評で独特のポジションを  築き上げたナンシー関さんの総まとめの本。  ナンシーさんがなくなった後で、作られた本なので、  彼女の暮らしが分かる仕事場の写真や  家族や妹の寄稿、  対談集、そしてテレビ批評のまとめ  といろいろ詰まっています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白夜行 ドラマも楽しみです

「白夜行」☆☆☆☆  もともと気になってはいた本なんですが、  今度、TBSでドラマ化される、ということで、さっそく、読んでみました。  明日からは文庫も装い新たに販売される、とか。  (文庫で読むのは、ちょっと大変な量です)  次々と事件が続くので、一気に読み進める本でした。    人気blogランキング  ご協力お…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「テレビの嘘を見破る」 テレビには嘘しかないのか?

「テレビの嘘を見破る」   感想☆☆ 今野勉 新潮社  タイトルに偽りありで、  テレビのドキュメンタリー番組の嘘(再現、再構成など)を擁護している。  言葉でかかれた媒体はストイックな態度に終わっているのに対して、  ドキュメンタリー番組では再現は国際的に認められている、  という主張になっています。  業界の道…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more