テーマ:料理

ジョエル・ロブションのすべて 三ツ星の料理のすごさがよく分かる

ジョエル・ロブションのすべて 感想☆☆☆☆☆ ジョエル・ロブション ランダムハウス講談社 箱入りの本なんて、久しぶりですね。 ミシュランの三ツ星シェフ、 ジョエル・ロブションがみずからの料理を かたっぱしから紹介している豪快な本です。 帯によれば、 「700以上のレシピと 100以上の食材のノウハウが満載」 という…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

からだにおいしい野菜の便利帳

からだにおいしい野菜の便利帳 板木利隆 オススメ本度☆☆☆☆ 高橋書店 21世紀は野菜の時代、 といわれていた調理界。 本当に野菜の料理が増えたと思ったら、 ベストセラーまででちゃったのがこの本。 「からだにおいしい野菜の便利帳」というだけあって、 食べるための野菜の知識が図鑑のように詰まってます。 栽培ではなくて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

作務衣を着た主人の店にうまいものはない。

作務衣を着た主人の店にうまいものはない。 小野員裕 評価☆☆☆ 双葉社 横濱カレーミュージアムの初代名誉会長にもなった 食通の著者が語る 上手い店の選び方。 「作務衣を着た主人の店にうまいものはない。」 というタイトルからして、 私はうなづいてしまうんですけれど。 人気blogランキング  ご協力お願いします! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山本益博の厳選!取り寄せごはん

山本益博の厳選!取り寄せごはん 山本益博 評価☆☆☆ 青春出版社 お取り寄せ・美食系の本は好きですが、 料理評論家のトップランナー山本益博さんまでが お取り寄せの本を書くとは思いませんでした。 外食が中心だったお店評論も 「ミシュランガイド東京」の登場で、 個人評論家の意見が通りにくくなったからでしょうか? 「山本益…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

楽しくつくろうたこ焼きいろいろレシピ たこ焼きパーティー向けかも

楽しくつくろうたこ焼きいろいろレシピ 熊谷真菜 評価☆☆☆ 雄鶏社 お好み焼きの本はけっこうあるんですが、 たこ焼きの本は意外に少ない。 この格差ってなんなんでしょう? たこ焼きの方がお菓子に近い、というか 料理っぽくないからでしょうか? おいしいたこ焼きはけっこう難しいんですが… 「楽しくつくろうたこ焼きいろいろレ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

夜中にラーメンを食べても太らない技術 男のための「食べやせ」革命

夜中にラーメンを食べても太らない技術 伊達友美 評価☆☆☆ 扶桑社 TBS系列のバラエティ番組で、 食べあわせでやせるダイエット法、 という技術で紹介されていたのが この著者の人でした。 「夜中にラーメンを食べても太らない技術」 という刺激的&具体的なタイトルの本ですが、 中身はけっこう真面目な本でした 人気b…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

エディブルフラワー 手に入るのはこの本だけ

エディブルフラワー 久木倫子 評価☆☆☆ 日東書院 食べられる花がエディブルフラワー。 食用花ともいうみたいですが、 料理の脇に添えたり、 ケーキを飾ったり、という感じで、 花を食べるんですが、 レシピとか見たことなかったんです。 かなり探しましたが、 今でも手に入れられる本はほとんどなし。 エディブルフラワーを…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン

死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン 山本昭彦 評価☆☆☆ 講談社 “シャンパンブーム”だそうです。 サブプライムローン問題などなく、 富裕層がまだ頑張れたころの本なので、 状況は変わっているかも知れないですが、 シャンパン入門書にして、 ゴールみたいな本でした。 自分の家で飲むようにすれば、 5万円以内に納まるも…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本のおかず

日本のおかず 日本のおかず 西健一郎 評価☆☆☆ 幻冬舎 いろいろなところで話題になっている 料理の本「日本のおかず」。 名店「京味」の西健一郎さんが書いて、 幻冬舎が編集に入ると、 薄味のようでいてでいて、 じっくり味わいのある こんな料理の本ができてしまう。 作ることよりも、読むこと、見ることを 楽しま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

おつまみ横丁―すぐにおいしい酒の肴185

おつまみ横丁―すぐにおいしい酒の肴185 編集工房桃庵 評価☆☆☆ 池田書店 簡単な料理の本が最近、 特に人気を集めているようですが、 この「おつまみ横丁」はそうとう簡単です。 おつまみなので、さらっとできる料理が多いんですが、 こんなに簡単でいいの?というのが たくさんあります。でも、おいしそ。 人気blogラ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

番外・ワンダ×プルバックカーキャンペーン

「ワンダ×プルバックカーキャンペーン」 時々、紹介しているCyber Buzzのキャンペーンです。 今回は、「ワンダ×プルバックカーキャンペーン」です。 (http://www.asahiinryo.co.jp/wonda/zm/index.html) コンビニなどのワンダ ゼロマックスのコーヒー缶に、 キャップのようにの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おうちでデザインカプチーノ

おうちでデザインカプチーノ 篠崎好治 評価☆☆☆☆ ソニー・マガジンズ カプチーノをうちで飲みたい! しかも、デザインも入れちゃおう、という けっこう欲張りな内容です。 エスプレッソマシーンの使い方や、 マキネッタというエスプレッソ用の 二階建てのやかんみたいなのの使い方、 さらにはアイスカフェカプチーノとか アイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラテアート&デザインカプチーノ

ラテアート&デザインカプチーノ Cafe & Restaurant編集部編 評価☆☆☆☆ 旭屋出版 エスプレッソやカフェラテにのった ミルクの泡に絵を描くのがラテアート。 最近、ちょこちょこ見るようになりましたが、 この本では、東西の有名店のラテアートの作り方を お店の人が紹介してくれています。 一番大切な条件となる …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

土井家のおいしいもん 旬を味わう季節の家庭料理

土井家のおいしいもん  感想☆☆☆ 土井善晴 講談社  季節の移り変わりにあわせて、  旬の食材の味を楽しむ家庭料理を  つくりましょう、と提案しています。  料理研究家の土井善晴さんがつづったコラムで、  「春夏秋冬 ほしかったのはこんな味」という副題のまま  お店の味とは違う、家庭の味を提案しています。  人気b…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ズボラ人間の料理術 超入門 料理のコツだけ考えた

ズボラ人間の料理術 超入門  感想☆☆☆ 奥園壽子 サンマーク出版  テレビチャンピオンで優勝して、  ズボラ料理として注目されている奥園さん。  テレビで何回か見ていて、  興味を持っていたんです。  その調理法の基礎の基礎がこの本。  本当に目からウロコが取れる感じです。  人気blogランキング  ご協力お願い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レモンブック イタリアではこう料理する

レモンブック  感想☆☆☆ 北村光世 集英社  食卓にちょっとあると便利なレモン。  レモンを使った料理の紹介だけでなく、  レモンの歴史やちょっとした裏知識、  さらには栽培するコツなど、  レモンのさまざまな魅力を  豊富な写真を交えて紹介しています。  人気blogランキング  ご協力お願いします!  ★イタ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

一億人の大好物 カレーの作り方 カレーミュージアムの売れ筋味ができるかも

一億人の大好物 カレーの作り方  感想☆☆☆☆ 井上岳久 日東書院  横浜・関内駅のそばにある  横濱カレーミュージアムで、  カレープロデューサーをしていた著者が  カレーの魅力をいろいろな角度から紹介しています。  人気カレーの「ア・ラ・ブッフ・シュン」  「デリー」「木多郎」「濱新」などの店が  家庭でつくることが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

おいしいもの、まずいもの、どうでもいいもの おいしいお寿司が食べたくなる

おいしいもの、まずいもの、どうでもいいもの 感想☆☆☆☆ 佐川芳枝 幻冬舎  お寿司屋さんの奥さんである著者が  お寿司の楽しい話を紹介しているエッセー。  以前から、時々読んでいる人なんですが、  人柄がとってもいい感じの文を書く人です。  毎回、やさしい感じのいい話が好きですが、  今回は旬の食材など、寿司ネタの話が多…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

今日はこのワイン! 24のブドウ品種を愉しむ  ブドウからワインの味が分かる

『今日はこのワイン! 24のブドウ品種を愉しむ』  感想☆☆☆ 野田幹子 NHK出版  いろいろな味わいがあるワインをワインの元となる  ブドウの種類から味わい分けていこう、  というアイデアの本。  南アフリカ産とか近海産とか場所を騒ぐよりも  キハダだ、ビンチョウだ、とマグロの種類のほうが  マグロも味の区別がしやすい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

コクと旨味の秘密  コクのある料理の秘密  

コクと旨味の秘密  感想☆☆☆☆ 伏木亨 新潮社  ラーメンからステーキまで  料理でよく使われる味の表現「コク」。  それでいて、どんなものなのか、よく分からない表現ですが、  京大教授の著者が、科学的に分析して言っています。  有名ラーメン店などが無意識にしていることなんですが、  コクとは、ある要素が複雑に混ざって生…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

中華料理四千年   中華料理を読んで味わう 

中華料理四千年  感想☆☆☆☆ 譚ロ美 文芸春秋  中華料理の歴史と、北京、四川、広東、上海の各料理、  紅楼夢や満漢全席、広東粥、医食同源など中華料理の話題を紹介しています。  料理の作り方ではなくて、中華料理が文化的にどういうふうにできたのか、  ということがよく分かります。  人気blogランキング  ご協力お願い…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

勝見洋一の美食講座  真のグルメが語る

勝見洋一の美食講座  感想☆☆☆ 勝見洋一 海竜社  東京の画廊に生まれた著者が東京、パリ、北京など  日本、中国、ヨーロッパと各国を食べ歩いたグルメが  語る美食についてのエッセー。  三ツ星レストランではなくて、パリの裏町のレストランにあるのが  本当のパリの味、という展開。  そういう味こそ実は大切で、  有名レス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「梅」はこんなにからだにいい  梅酒・梅干し・梅を楽しむ 

「梅」はこんなにからだにいい-梅干し、梅肉、梅酒、梅料理  感想☆☆☆☆☆ 荒牧麻子 講談社  昔ながら食についての本、  例えば雑穀などを最近、まとめて読んでいますが、  忘れてならないのが梅干し。  この本は、ウメについてのほとんどすべてのこと、  梅干し、梅酒などのつくりかたから、  梅の育て方(盆栽も含む)まで梅全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

調理以前の料理の常識   料理の基本を再確認 

『調理以前の料理の常識』  感想☆☆☆☆ 渡邊香春子 講談社  多分、家庭でこういう常識が伝えられなかったら、  こういうタイトルで出版できるようになったんでしょう。  第一章の「今さらこわくて人に聞けないマル超常識」で  ご飯の炊き方からだしのとり方、  第三章の「意外に知らない料理以前のマル基常識」  で、包丁の選び方…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

雑穀つぶつぶ食で体を変える-おいしいから健康  雑穀のいろんな味

『雑穀つぶつぶ食で体を変える-おいしいから健康』  感想☆☆☆ 大谷ゆみこ 講談社  花粉症やアトピーを治すために、  食事療法として注目される雑穀。  お米や小麦粉だけでなく、  つぶつぶ食(アワとかキビとか)を食べると、  健康にもいいし、環境にもいいと勧めています。  雑穀というと、なんかイメージが悪いので、  「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蕎麦屋になりたい-実践!手打ち修業の一週間  蕎麦屋という職業

『蕎麦屋になりたい-実践!手打ち修業の一週間』  感想☆☆☆☆ 金久保茂樹 祥伝社  サラリーマンをやめて、自分の店を、  と考える時、蕎麦屋を選ぶ人が多いようです。  「自分もいつか」と考えている人にはとても参考になるし、  飲食店を開業したい、という人全員に参考になる話です。    人気blogランキング  ご協力お願…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

うなぎでワインが飲めますか?  この食事にはこのワイン

『うなぎでワインが飲めますか?』  感想☆☆☆☆ 田崎真也 角川書店 「世界一のソムリエ」の称号を持つ田崎さんが  ワインと食事の相性を中心に紹介します。  とくに、日本の高級料理とワインの組み合わせが丁寧です。  ワインは合わないと、かえって食事を不味くしてしまうので、  相性(マリアージュというものですね)は悩みどこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アガワとダンの幸せになるためのワイン修業 ゴージャスワイン編  ワイングラスは絶対コレ

アガワとダンの幸せになるためのワイン修業 ゴージャスワイン編  感想☆☆☆☆ 阿川佐和子、檀ふみ 幻冬舎 阿川さんと檀さんが名ソムリエを師匠として、  ワインを飲み比べる本ですが、この本は値段が高いワイン中心です。  (カジュアル編は以前、読んでいて、だいぶ間あきましたが・・・)  白ワイン、シャンパーニュ、オールド・ビン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お部屋で「薬膳カフェ」  こんな簡単な薬膳があるなんて 

お部屋で「薬膳カフェ  感想☆☆☆☆ 七沢なおみ・アトリエ ヴィ 祥伝社  「医食同源」という  食べること=健康づくりの発想でできた料理「薬膳」。  最近でこそ、メジャーになりましたが、  やっぱり家ではなかなか作れない料理、と思ってました。  でも「薬膳カフェ」はめちゃくちゃ簡単だった。  人気blogランキング …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰でもできるおいしいすしの握りかた  おすしの学校の本

『誰でもできるおいしいすしの握りかた』  感想 ☆☆☆ 東京すしアカデミー リヨン社  お寿司の学校が編集した本でして、  写真もきれいだし、いろいろとネタの紹介もあります。  握り方も写真つきで、きちんと説明してあり、  ちょっと家で試してみたい、という時に役立ちそうです。    人気blogランキング  ご協力お願いし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more