ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ 

アクセスカウンタ

zoom RSS ナルニア国物語 カスピアン王子のつのぶえ ナイスキャラが登場! 

<<   作成日時 : 2005/11/11 19:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

『ナルニア国物語 カスピアン王子のつのぶえ』
カスピアン王子のつのぶえ
 感想☆☆☆☆  C.S.ルイス 岩波書店
 ナルニア国物語の2作目で、映画化も決まったようです。
 (追記 2006/7/24
 「ライオンと魔女」のDVDのCMで出ていましたが、
 映画「カスピアン王子の角笛」は2008年夏公開とか
 だいぶ先の公開で、待ち遠しすぎですね)
 第1作の流れを引き継いでいきますが、
 ナルニア国が大違い!というところがポイントですね。
 その後は、冒険と戦いというファンタジーらしい展開です。
 映画になったら、この2作目の方が、きっと盛り上がると思います。
 
 人気blogランキング  ご協力お願いします!
 ★楽しいねずみが出てきます
 動物が話すナルニア国では、
 個性あふれる動物が出てくるのが楽しみの1つですが、
 この本で出会ったネズミの隊長は最高ですね。
 性格もかっちりしている上
 ユーモアたっぷり。
 なかなか素敵なキャラクターです。
 また、ギリシャ神話の神々が登場するのも特徴ですが、
 暴れ者の神様の活躍もなかなか、いかしています。

 (゜O゜)第1巻の伏線が
 第1巻の伏線が第2巻冒頭でいきなり効いています。
 なんで、駅のホームから突然、ナルニア国に行ってしまうのか?
 突然すぎる展開も、きちんと1巻に説明が入っているんですね。
 1巻から3巻までは比較的につながっています。

 ★簡単な粗筋は・・・

 ネタバレです。


    ↓


    ↓

    ↓

 「ライオンと魔女」の時代から数百年たったナルニア国。
 駅のホームで汽車を待っていた4人の兄弟が
 突然、ナルニア国に引き戻されます。
 実は、ナルニア国を支配するずる賢いおじの王と
 カスピアン王子が戦っていたのです。
 危機に瀕して、
 カスピアン王子が伝説の宝物のつのぶえを吹くと・・・
 という展開です。
 指輪物語の第一部「旅の仲間」のラス近く、
 ボロミアが角笛を吹き鳴らしつつ戦う場面のように
 ヨーロッパでは、角笛は救援を求めるものなんでしょうか?
 (映画「「ロード・オブ・ザ・リング」」のこの場面はなかなか感動的でしたね)
 ちなみにナルニアに着いた4人は
 アスランの協力を受けながら、
 カスピアンを助けます。
 冒険と戦いが中心の巻です。

ナルニア国物語 カスピアン王子のつのぶえ』のブログを
読んでいただきありがとうございました! 
読み終わったら、ポチッとクリックを!
カスピアン王子のつのぶえ←←ブログ継続の励みになります!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
カスピアン王子のつのぶえ〜 ナルニア国物語 2 C.S.ルイス 岩波書店
映画は多分1巻だけのストーリーで展開されるんでしょうね。 私はこの2巻がけっこうお気に入り。王様、王女さまに変身する、という楽しみ が存分に味わえると思うからです。 ...続きを見る
おいしい本箱Diary
2005/11/11 21:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
TBありがとうございます。私もネズミのリープチープ大好きです。小さい勇者、というのは心くすぐる存在ですね。彼の誇り高さがカッコいい!
ERI
2005/11/11 21:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナルニア国物語 カスピアン王子のつのぶえ ナイスキャラが登場!  ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる