ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 課題図書 チームふたり

<<   作成日時 : 2008/07/22 18:28   >>

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 2 / コメント 1

チームふたり
吉野万理子、宮尾和孝 評価☆☆☆ 学研

小学5・6年生の課題図書
「チームふたり」です。
夏休みになって、課題図書に
手をつけ始めた小学生も多いと思うんですが、
「チームふたり」は感想文がかきやすそう。
最近の傾向では、
1)科学的な本
2)外国の本
3)共感しやすい本
が課題図書に選ばれますが、
これはみごとに3の本でした。

人気blogランキング  ご協力お願いします!
★部活+家庭の問題は
チームふたり (学研の新・創作シリーズ)ネタバレしない程度にあらすじを紹介すると、
小学校の卓球部キャプテン大地は、
同級生のハセッチと誠と部活を楽しんでいた。
しかし、小学生最後の大会には、
5年生の純がダブルスのパートナーになった。
素直に納得できない大地だったが、
大地の家庭ではもっと深刻なことが発生。
お父さんが失業する事態になっていた…
という展開です。
単純に卓球のスポーツものとなっていないのが、
課題図書らしいところ。
家庭の大切さ、友情の強さが
きちんと分かるかな、という、
非常に素直な展開で本でしたが、
家庭内の問題は時事問題に近くて、
リアルな展開ですね。

★小学生の部活ですか
時代が違うなあ、と思うのは、
小学生の部活がテーマ、という点。
部活動というのは、
中学生とか高校生のものとか思ってましたが、
最近は、小学生も部活で県大会とか目指すんですね。
この夏休み期間中も
大会に頑張っている小学生がいるんでしょうか?
そういう子ども達には素直に理解できる課題図書でした。

チームふたり』のブログを
読んでいただきありがとうございました! 
読み終わったら、ポチッとクリックを!
ブログランキングへ←←ブログ継続の励みになります!!
にほんブログ村 本ブログへ←←こちらもはげみになります!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「チームふたり」吉野万理子
チームふたり (学研の新・創作シリーズ) 吉野 万理子,宮尾 和孝 JUGEMテーマ:読書 ...続きを見る
ナナメモ
2008/07/22 21:41
チームふたり (学研の新・創作シリーズ)
書評リンク - チームふたり (学研の新・創作シリーズ) ...続きを見る
書評リンク
2008/10/15 09:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
「読臥夜」というサイトの管理をしている33Qと申します。

 面白いブログだったので、私が運営している読書家を応援するサイト「読臥夜」であなたのブログを紹介させていただきました。

 文末にURLを載せておきます。

 もし、気に入らないなどのご意見がありましたら、「読臥夜」にある問い合わせフォームか私のブログである「33Qのブログ for Newsweek」のコメント欄にお願いいたします。


掲載場所:http://dokugaya.com/books/yondemitara/yondemitara_1.html
読臥夜:http://dokugaya.com/
ブログ:http://blog.dokugaya.com/

33Q
2008/07/27 17:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
課題図書 チームふたり ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる