ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 上流階級 富久丸百貨店外商部  デパート外商部を舞台にドラマ化

<<   作成日時 : 2015/01/13 06:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

上流階級 富久丸百貨店外商部
評価☆☆☆☆☆ 高殿円 光文社

職業の裏側の話が最近多いんですが、
これは一流デパートの外商部、
という特殊な世界がテーマ。
でも、主人公の設定で
ほんわり軽い経済小説で
なかなか楽しめました。
国税を舞台にした「トッカン」を
書いた著者だけあって、
この上流階級も今度、ドラマ化されるそう。
原作と同じように、
クセのあるキャストが楽しめるといいなあ。

★伝説の外商員の後継に
ネタバレにならない程度に、あらすじを紹介すると、
鮫島静緒は、神戸の老舗百貨店・洋菓子部門で
バイトからキャリアを積み重ねてきた。
しかし、伝説の外商員の退職を控え、
後継者の一人、として
外商部に大抜擢されたのだが、
クセの多い外商部員と顧客に振り回されてしまう…
という展開です。
ヒロインを支えるのは、
この引退する外商員なんですが、
こんな上品な販売があったんだなあ、と
セレブ的な異世界をのぞかせてもらいました。

★商売の基本は
職業物ですから、外商のこともよくわかります。
お客様とその親族の誕生日と命日を手帳に書き込んだり、
 暗記したりするのは外商の基本だ

とか、いかにも外商、というのが多いんですが、
外商部で壁にぶつかる主人公が気づくのは
実は、商売の本質。
なかなかいいラストで、
商売している人には誰でもお勧めの本でした。

★ちなみにドラマのキャストは
ちなみにドラマのキャストは
主人公を竹内結子さん、
外商部の陰のある若者を、斎藤工さんが演じるそう。
個人的に、一番の注目は伝説の外商員の草刈正雄さん。
イメージ的にはあっていますが、
どう展開するか、楽しみです。

上流階級 富久丸百貨店外商部』のブログを
読んでいただきありがとうございました! 
読み終わったら、ポチッとクリックを!
ブログランキングへ←←ブログ継続の励みになります!!

 にほんブログ村 本ブログへ←←こちらもはげみになります!!


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 上流階級 富久丸(ふくまる)百貨店外商部 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by トッカン 特別国税徴収官 DVD-BOX の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
上流階級 富久丸百貨店外商部  デパート外商部を舞台にドラマ化 ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる