ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ 

アクセスカウンタ

zoom RSS シンドラーに救われた少年 2016の高校生課題図書

<<   作成日時 : 2016/05/22 09:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

シンドラーに救われた少年 2016の高校生課題図書
評価☆☆☆☆☆ レオン・レイソン 河出書房新社

2016年の高校生向け課題図書です。
シンドラーに救われた少年」の下準備として、
1994年に公開され、スティーブン・スピルバーグ監督が
初めてアカデミー最優秀作品賞・監督賞を受賞した名作
「シンドラーのリスト」を見ておくと、
感覚的に分かりやすい作品だと思います。
とはいっても、対象の高校生が生まれる前の作品なんで、
知らない高校生も多いかな?
でも、この本の後書きを読むと、
映画「シンドラーのリスト」こそ
この本の出版のきっかけだったことが分かります。
時間に余裕があれば、ぜひ見てください。

シンドラーに救われた少年
河出書房新社
レオン レイソン
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シンドラーに救われた少年 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



★ポーランドのユダヤ人少年
ネタバレにならない程度に、あら筋を紹介すると、
ポーランド北東部の田舎の村ナレフカに生まれたレイブ・レイゾンは
父モシェの仕事の関係で、都会のクラクフに引越しした。
だが、ナチス・ドイツがポーランドに侵攻。
ユダヤ人だったレイブら一家はナチスのユダヤ人政策の標的となり、
家族7人は苦難に直面する
……という展開です。
課題図書を選ぶ人は、
本当に、ナチスが起こしたホロコーストが気になるようで、
頻繁に、課題図書にホロコースト関連の本が選ばれます。
今回の「シンドラーに救われた少年」は
経験したレオン・レイソンが
(アメリカに亡命して名前が変わったんですね)
シンドラーという男に救われた経験を自ら振り返っています。
オスカー・シンドラーはナチス党員として、
ナチスに協力して自分の工場で安くユダヤ人を働かせていましたが、
ユダヤ人虐殺というホロコーストという事実を知り、
ユダヤ人たちをできるだけ工場に残すように努力し、
工場がソビエト軍に解放されるまで、
ユダヤ人を守った人として知られています。

★書くポイントは
ポイントはやはり苦難を乗り切る主人公の努力と意志の力ですね。
ナチスとの出会いでもある、父が拉致される場面で、
レイブは決めます。

「 私は受け身でいてはいけないと確信した。
 このままなにもしないで、ドイツが敗れるのを待っているだけではだめだと。」


この強い意志によって、後々も主人公の行動を変えていきます。
強制収容所に送られる時、
工場を出されそうになった時……。
一歩踏み出すことで、自らの命を救ったレイブの行動をどう受け止めたのか。
そして、自分の生活と比べて、どう感じたのかが
この本の感想文のポイントでしょうね。
また、もう一つの着眼点は、差別。
生き残ったレイブはアメリカでバスに乗ったとき、

「後ろのほうは黒人の席だから、前のほうへ移動してください」

と言われ、アメリカにある黒人差別の現実に震えます。
隠された差別にどう立ち向かうか、
という読み方もできる本だと思います。

★ほかの課題図書
読書感想文課題図書2016年が決定
をご覧ください。

シンドラーに救われた少年 2016の高校生課題図書』のブログを
読んでいただきありがとうございました! 
読み終わったら、ポチッとクリックを!
ブログランキングへ←←ブログ継続の励みになります!!

 にほんブログ村 本ブログへ←←こちらもはげみになります!!

シンドラーのリスト スペシャル・エディション [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2012-04-13
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シンドラーのリスト スペシャル・エディション [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
読書感想文課題図書2016年が決定
読書感想文課題図書2016年が決定 ...続きを見る
ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあら...
2016/05/22 09:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シンドラーに救われた少年 2016の高校生課題図書 ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる